ゆえさん@がんばらない

がんばらないエンジニアのポートフォリオ? この記事の内容は所属組織の公式見解ではありません

留年のメリット・デメリット

留年しましたけど、何か?

私は2回留年し、学部卒なのに大学に6年間もいました。 在学中に色々やらかしてしまい、随分と顔を覚えられてしまった。

留年のメリットとデメリットとは何か。 もしも留年するとどうなるのか?についてまとめてみます。

ぶっちゃけ、留年はオススメできない

留年することのデメリット

金がかかる

最悪の場合、学費が1年分(535,800円)発生する。 前期 or 後期 の単位だけ落としたのであれば、半額で済む。(半期休学出来る)

その他家賃だってかかるし、奨学金も後で返済しないといけない。更にJASSOに色々書類を書かないといけない。

同級生において行かれる

3年の段階で留年した場合、同級生は自分より先に卒研配属され、各研究室に出荷される。 今までスタジオにいた仲間達は、それぞれの研究室へ行ってしまいスタジオにはあまり顔を出さなくなる。

私が一番辛かったのはこの部分。基本的にスタジオには1人しかいない。勿論授業へ行くのも1人。要するに仲間がいなくなるわけだ。 ちなみに私はここで心を壊した。

実家へ帰りにくくなる

学費を親に出して貰っている場合、実家へ帰りにくくなる人が多いと思います。

留年することのメリット

デメリットばかりだが、メリットはいくつかある。

バイトが出来る

私は地元のIT企業でプログラミングのバイトをして生計を立てていたし、色々業務知識を学ぶことが出来た。 更に就職にも有利になった。

自分のために時間を使える

落とした単位数にもよるけど、1,2個程度であれば、今までよりも自由に使える時間は圧倒的に増える。 ここでプログラミング言語のレパートリーを増やしてもいいし、提督業やプロデューサー業に時間を費やすのも構わないと思う。 (授業に影響出ない範囲で)

自由に時間を費やして、自分を見つめ直すってのは社会人になったら不可能なので、今のうちに味わうといいです。

ちなみに私はプロデューサー業とアルバイトに時間を費やして、最後就職できた。

気をつけること

経験則上色々あるんだが、重要な事を。

こころをだいじに

留年すると心を病む人が一定数いると思います。違和感を感じたら、5Fのスクールカウンセラーへダッシュだ。

私も何回かお世話になったけど、スクールカウンセラーのおかげで2留で収まった。

留年したら?

落ち着いて、両親に連絡しよう。まずはそこからだ。

「1年間やりなおし・・・」と落胆する気持ちは良く分かる。2,3日ぐらいは落胆して心を落ち着かせよう。その後、単位を整理して勉強し直そう。

留年した後どうなった?

ここから先は個人の経験になるのだが、心を病んでしまって自分ではどうしようもできなくなって、生きる意義も感じられなくなって、研究棟で身投げ自殺しようとした。 未遂に終わって函館病院に救急搬送され、HCU(集中治療室)に運ばれた。事務局の人と先生、周りの人と両親にはこれで随分と迷惑をかけた。 あと、この件でバイトもクビになった。 更に今でも後遺症の不眠症心療内科に通ってる。

その後、奇跡的にも同級生や先輩に色々助けて貰ったり、解析学の事を教えてもらったりしてなんとか持ちこたえることが出来た。 誕生会を企画してくれたし、イチゴ狩りにも誘ってくれた。更に某研究室の席を使わせてくれる事にもなって、居場所も出来た。 この点では自分は本当に運が良かったと思ってる。

空いた時間で、新しいバイトを探して働きつつ、解析学も勉強し直した。心が疲れたときはアイマス初代でプロデューサー業することで持ちこたえた。あと常にラブプラスとDSを持ち歩いていた。ラブプラスを開発したコナミは俺を助けてくれたと本気で思ってる。

おかげでなんとか卒業して、空いた時間でバイトしてた会社に就職できた(オファーが来たので就活という物をしないで内定貰えた)。

デメリットも多いし、心を病んでしまうひとが多いと思うけど、うまく時間を使えば就職の事も考えることが出来る。インターンに行くのも良いと思う。

命を大事にしつつ、なんとか卒業できるようにがんばろう。命があれば、基本的になんでもできる。