ゆえさん@がんばらない

がんばらないエンジニアのポートフォリオ? この記事の内容は所属組織の公式見解ではありません

働くということについて考える

最近色々考える機会があったので、かいてみる。

色んな人が「働くこと」について考え、実際に働いています。そこにはその人なりの解釈や考えがあります。 自分はどのように考えているかというと、至ってシンプルで

ごはんを食べるため

としか考えていません。 趣味でゲームセンターへ行くとか同人誌大人買いとか同人CD買い漁るとかは、食事ができることが前提の趣味です。

僕は餓死したくありません。おなかいっぱいご飯を食べてエンジニアとして仕事をしたいです。

それから、

凍死しないため

光熱費も稼ぐ必要があります。冬の北海道でガスや電気を止められたら死にます。比喩表現ではなく、凍死します。ですから働きます。

端的にいうと、

生き延びるため

です。趣味とかキャリアパスとか言う前に、死んでは元も子もありません。

こう書いてみると、「理想が低い」とか「目標を高く持て」とか言われるでしょう。ですが、ご飯を食べないと目標も持てませんし理想も持てません。

学生時代はなんだかんだで派遣社員やアルバイトで学費と一緒に食いつないでいましたが、その頃からこういう考えを持つようになりました。間違っていないと思っています。

ご飯を食べるには働くしかありません。日本には生活保護という制度がありますが、それは最後の最後の手段です。日本では働かないと食事はできません。

「ご飯が食べられる」、という大前提でキャリアパスとかを考えるべきだと思っています。 これからエンジニアとしてどうやって生きていくか。

ここ数週間、色々考えることが多くあり、色々考えてみました。